ヒロセの介護
新潟市の住宅型有料老人ホーム 居宅訪問介護|福祉用具レンタル ヒロセの介護
よくある質問
お問い合わせフォーム
ヒロセの介護について 住宅型有料老人ホーム 料金・地図のご案内 日々の暮らし 居宅訪問介護 福祉用具レンタル
ヒロセの介護 > 福祉用具レンタル・販売
福祉用具レンタル・販売
福祉用具の無料お悩み相談室 快適生活応援団

ヒロセの介護は、福祉用具を通じて地域の方々により快適で安心な暮らしをご提案させていただきます。なお、福祉用具は利用者の状態の変化に対応できるようレンタルが基本となります。但し、使い回しのふさわしくない用具(トイレなど)や、使用により形状が変化する消耗品などは購入対象となります。詳しくはお電話(0120-18-5549)にてお問い合わせ下さい。

今月のおすすめ商品

1推し. 
エスパド

徳武産業

定価3,024円(税込)
→当社販売価格 2,420円(税込)

・カラーバリエーションが豊富で、お好みの色をお選び頂けます。
・両足で110gと軽く、ソフトで心地よい履き心地です。

2推し.
ヒールフィット

徳武産業

定価2,592円(税込)
→当社販売価格2,074円(税込)

・カカトに大きなつまみがついているので、足の出し入れが楽々できます。
・履き口はゴムなので、開きやすくフィット感も抜群です。

3推し.
オープンルームメッシュ

徳武産業

定価3,240円(税込)
→当社販売価格2,592円(税込)

・甲の部分が全開し、脱ぎ履きしやすく、足の形状に合わせて調整できるため、足がむくみやすい方に最適です。
・ムレにくいメッシュ素材です。


レンタル取扱商品(介護保険対象)

車椅子

車いす
要介護2〜5

自走用・介助用・電動車いす(要介護2〜5)

床ずれ防止用具

床ずれ防止用具
要介護2〜5

エアマットレス・ウレタン等の体圧分散マットレス(要介護2~5)

歩行器

歩行器
要支援1〜要介護5

歩行の支えとしてフレームが左右・前にあるもの
(要支援1~要介護5)

車いす付属品

車いす付属品
要介護2〜5

クッション・電動補助装置など

体位変換器

体位変換器
要介護2〜5

体の下に挿入し動力によって体位を変換できるもの

歩行補助杖

歩行補助杖
要支援1〜要介護5

松葉杖・多点杖・ロフストランドクラッチ

特殊寝台

特殊寝台
要介護2〜5

背上げか高さ調節のできるもの

手すり

手すり
要支援1〜要介護5

工事を伴わないもの

認知症老人徘徊感知器

認知症老人徘徊感知器
要介護2〜5

ある地点を通過した時や離床時に通報する装置

特殊寝台付属品

特殊寝台付属品
要介護2〜5

手すり・マットレス・サイドレールなど

スロープ

スロープ
要支援1〜要介護5

工事を伴わないもの

移動用リフト

移動用リフト
要介護2〜5

人を持ち上げ移動させるもの

特殊尿器

特殊尿器

尿を自動吸引するもの

 

 

 

 

 


販売商品(介護保険対象)

腰掛便座

腰掛便座

和式トイレに置くもの・補高便座・ポータブルトイレなど

入浴補助用具

入浴補助用具

入浴用いす・手すりすのこ・移乗台・介助ベルト

簡易浴槽

簡易浴槽

工事を伴わない移動浴槽

特殊尿器

特殊尿器

特殊尿器のチューブ・タンクセット

移動用リフトのつり具部分

移動用リフトのつり具部分

リフトに取り付けるつり具

 

 


住宅改修
介護される方もする方も、どちらも動きやすく安心して住まえる住宅環境を目指す住宅改修。できるだけ自分の力で生活が行えるようにする配慮や、介護者の負担を少しでも低減させることが重要なポイントです。
詳しくはお電話(0120-18-5549)にてお問い合わせ下さい。

 

■住宅改修には、介護保険制度を利用しましょう。

対象者:要介護認定において要支援1〜要介護5と認定された方。

支給限度額:改修に要した費用として上限20万円。※上限金額を超えた場合、超えた分の費用は全額自己負担となります。
例えば介護保険自己負担割合「1割」の方が改修に要した費用が20万円の場合、そのうち9割(18万円)が保険で支給され、自己負担は1割(2万円)となります。

ご入居相談窓口 お問い合わせフォーム
footer
会社概要・ご売却サポートプライバシーポリシー採用情報お問い合わせ
Copyright (C) Hirose no Kaigo 2013 All Right Reserved
welllife
ヒロセの介護HOMEへ お問い合わせフォーム