福祉用具

福祉用具

住宅改修

介護される方もする方も、どちらも動きやすく安心して住まえる住宅環境を目指す住宅改修。できるだけ自分の力で生活が行えるようにする配慮や、介護者の負担を少しでも低減させることが重要なポイントです。

詳しくはお電話(0120-18-5549)にてお問い合わせ下さい。

  1. 玄関(外側)

    • 外壁やドアまでのアプローチに手すりをつける。
    • 段差のあるポーチにスロープなどを設けて解消する。
    • 玄関ドアを引き戸などに取り替える。
    • 足元灯を設置する。
  2. 玄関(内側)

    • 靴を着脱するための腰掛や手すりを設置する。
    • 上がりかまちの段差解消に踏み台を置く。
    • 土間の床、ホールの床材をすべりにくくする。
    • 車いすなどでも出入りしやすいように段差解消リフトを設置。
  3. 階段

    • 両側に手すりを設置できない場合は降りるときの利き手側に。
    • 階段の踏み面の端などにすべりにくい加工をする。
    • 段差が目立つ工夫をする(夜間の転落防止)。
    • 階段昇降機を設置する。
  4. 廊下

    • 手すりを設置する。
    • 部屋へのドアを引き戸にする。
    • 部屋との段差をなくすか、段差を解消するスロープを設置。
  5. 浴室

    • 折戸や3枚引戸に取り替え、ドア開口幅を広くし手すりを設置。
    • 脱衣室と浴室の床の段差をなくす。
    • 浴槽の底、浴室の床をすべりにくい材質に取り替える。
    • 脱衣室に腰掛けやいすなどを置く。
  6. トイレ

    • 立ち上がりが楽になるように、洋式便器に取り替える。
    • 立ち上がりを補助するため、手すりを設置。
    • 介助が必要な場合は、介助スペースを設ける。
    • ドアの開口幅を広くする。
    • ウォシュレットを設置。
  7. 寝室

    • トイレや浴室に近い場所に設ける。
    • 車いすなどを使いやすくするため、畳をフローリングに変更。
    • 日当り、風通しのよい1階に設置。

住宅改修には、介護保険制度を
利用しましょう。

対象者:要介護認定において要支援1〜要介護5と認定された方。
支給限度額:改修に要した費用として上限20万円

※上限金額を超えた場合、超えた分の費用は全額自己負担となります。 例えば介護保険自己負担割合「1割」の方が改修に要した費用が20万円の場合、そのうち9割(18万円)が保険で支給され、自己負担は1割(2万円)となります。

よくある質問

  • 工事をせずに取り付けられる手すりとは?

    天井と床を突っ張るかたちで取付けるもの、廊下や屋内に置くだけのもの、立ち上がりや歩行を補助できるものなどがあります。
    ※場合によっては設置できないことがありますので、お悩みの場合はぜひご相談ください。

福祉用具専用ダイヤル